カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

和三盆製造過程


竹糖栽培


◆竹糖の植え付け(4月)

阿波和三盆糖を作る上で一番大切なのは原材料です。阿波和三盆糖の原材料はサトウキビの在来品種である竹糖です。

この竹糖は野菜のように種があるわけではなく11月に収穫した竹糖を種とし砂地に埋めて保管しこれを翌春に掘り出し植えつけます。 この際折れないように1本づつ竹糖を掘り起こし大切に人の手で皮をむき持ち運びしやすい大きさに切り揃え畑へ植えつけます。





植えた直後の写真です。筋が入っている所に植えてあります。



◆水やり(4〜5月)



可愛い竹糖の芽が出てきました。





雨が続いたときは水やりをします。



◆除草(5〜8月)






梅雨の時期の雑草の成長は早く もうどれが竹糖でどれが雑草なのかわからない状態です。 ドロドロなので畑に入って除草をすることもできずただただため息です。

除草剤を使用すると竹糖は枯れてしまいますので除草剤は使用しません。





手作業での除草。
お天気と雑草との闘いが夏中続きます。




この中央部分はなんだと思いますか??

除草した雑草の山です!!




◆9月




苦労の甲斐あり立派に竹糖が成長しました。

それをあざ笑うかのように台風襲来!!







倒れた竹糖は残念ながら自力では起きません。 それどころか倒れた状態から上へと成長をするので曲がりくねった竹糖になってしまいます。

まだそれはマシな方で酷いものは成長をあきらめ根元からまた小さな芽を出しそれを成長させようとします。






それを防ぐ為に1本づつ手作業で竹糖を起こしていきます。 更にパイプなどを組み立てて支えにします。  



◆収穫(11月)


ようやく竹糖の収穫です。 1本づつこれまた手作業で根本よりポキッと折って収穫します。 竹糖の根元には甘みが詰まっているので出来るだけ鎌などは使わずに根元から収穫します。

収穫した竹糖は機械を使って皮をむきます。










収穫した竹糖






仕込み(12月)


仕込み作業には熟練の職人さんが携わります。皆さん大ベテランです。 朝は5時から仕込み作業が始まり最終的な工程が終わるのは夕方5時ごろ。


〆颪









収穫した竹糖はきれいに洗い機械で粉砕し汁を搾ります。 



△△抜き





搾った汁を釜で沸騰させてあく抜きをします。丁寧にあくを除かないと後々阿波和三盆糖の味に影響します。


煮詰め


 

余分な水分を除く為に煮詰めます。  



こ富  




阿波和三盆糖の元となる白下糖の出来上がりです。






釜いっぱいにあった汁も最終的にはこのような甕1杯になってしまいます。




イ修慮

分離(蜜抜き) ⇒ 乾燥 ⇒ 製糖 ⇒ 出荷

上記工程を経て阿波和三盆糖は出来上がります。 少ない原材料(竹糖)から作られる阿波和三盆糖は更に少なく大変貴重です。

残念ながら近年は「和三盆と名がついていたらいい・・・」と安価な和三盆を求められる方が多いのが実情ですが弊社はとことん品質にこだわります。

弊社自慢の商品「大無類印阿波和三盆糖」は阿波和三盆糖の中でも最上級品です。素材にこだわりのある方に是非お勧めしたい自慢の逸品です。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ